俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

EclipseのJava開発環境構築手順(ソフトウェア個別インストール)

      2014/08/31

前回は、「Pleiades All in Oneパッケージ」を使用した場合の環境構築手順を紹介しました。

前回の記事はこちら⇒EclipseのJava開発環境構築手順(Pleiades All in Oneパッケージ)

今回は、必要なソフトウェアを個別にインストールする場合の環境構築手順。

なお、今回の環境は以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • Eclipse 4.2 Juno
  • pleiades 1.4.2
  • tomcatPluginV33
  • JDK-7u21
  • Apache Tomcat 7.0.39

スポンサード リンク

JDKのインストール

Oracle社のJavaダウンロードサイトより、JDKをダウンロードする。

「Windows x86」というやつ。

ダウンロードしたEXEファイル「jdk-7u21-windows-i586.exe」を実行し、JDKをインストールする。

今回インストールした場所は、「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_21」です。

JDKの環境変数Path設定

「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_21\bin」を環境変数Pathに設定する。

Tomcatのダウンロード

Apache Tomcatサイトより、Tomcatをダウンロードする。

「Core zip」というやつ。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、任意の場所に解凍する。

今回配置した場所は、「C:\Tools\apache-tomcat-7.0.39」です。

Eclipseのダウンロード

Eclipse公式サイトより、Eclipseをダウンロードする。

「Eclipse IDE for Java EE Developers Windows 32 Bit」というやつ。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、任意の場所に解凍する。

今回配置した場所は、「C:\Tools\eclipse」です。

Pleiades日本語化プラグインのダウンロードと設定

Pleiades公式サイトより、Pleiades日本語化プラグインをダウンロードする。

最新版の「1.4.x」というやつ。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、フォルダ内の各フォルダとファイルをEclipseフォルダに上書きコピーする。

Eclipseフォルダ直下の「eclipse.ini」を開き、最終行に下記を追加する。

Tomcat Launcherプラグインのダウンロード

Tomcat Launcherプラグインサイトより、Tomcat Launcherプラグインをダウンロードする。

「tomcatPluginV33.zip」というやつ。

ダウンロードしたzipファイルを解凍し、解凍したフォルダごとEclipseの「dropins」フォルダにコピーする。

以前のバージョンのEclipseなら、「plugins」フォルダでよかったみたいだが、「Eclipse 4.2 Juno」の場合は、「dropins」フォルダにコピーしないと認識されない。

Eclipseの起動

初回起動時は、Eclipseフォルダ直下の「eclipse.exe -clean.cmd」を実行し、Eclipseを起動する。

プラグインを追加・更新した場合などは、Eclipse起動オプションに「-clean」を指定しないといけないらしい。

以下、Pleiadesのreadmeに記載されていたものです。

起動したら、ちゃんと日本語化されていることを確認できる。

また、デフォルトのパースペクティブが「Java EE」になっており、ツールバー上にTomcatプラグインの「Tomcat起動、停止、再起動」のアイコンが表示されていることを確認できる。

なお、ワークスペースの場所を問われるが、Eclipse直下に「workspace」フォルダを作成し、そこを指定すればいい。

EclipseでJDKの設定

メニューバーの「ウィンドウ」⇒「設定」を開く。

左側の一覧から「Java」⇒「インストール済みのJRE」を開き、以下の設定を行う。

  • 「追加ボタン」を押下し、「標準VM」を選択し、「JREの追加」を開く
  • 「JREホーム」にインストールしたJDKのフォルダ「C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_21」を設定
  • 「インストール済みのJRE」…追加したJREにチェック

EclipseでTomcatの設定

メニューバーの「ウィンドウ」⇒「設定」を開く。

左側の一覧から「Tomcat」を開き、以下の設定を行う。

  • Tomcatバージョン…「バージョン 7.x」を選択
  • Tomcatホーム…ダウンロードし、解凍・配置した「C:\Tools\apache-tomcat-7.0.39」を設定

左側の一覧から「Tomcat」⇒「JVM設定」を開き、以下の設定を行う。

  • JRE…設定した「jdk1.7.0_21」を選択

EclipseでTomcatの設定

最後に、「Tomcat起動」のアイコンをクリックすると、Tomcatが起動され、無事に「http://localhost:8080/」でアクセスできました。

Apache Tomcat画面

参考サイト

サクサクIT

 - Eclipse, Java, Java(Servlet)