俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Linux(CentOS) 64bit版へOracle XE(Express Edition)をインストール

      2014/11/08

前回はVMware上にCentOS 64bit版をインストールしました。

前回の記事はこちら⇒VMware PlayerでCentOS(Linux) 64bit版をインストールする手順

今回は、Oracleのフリーバージョンの「Oracle XE(Express Edition)」。

こちらを、RPMパッケージよりLinux(CentOS) 64bit版にインストールします。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-x86_64
  • Oracle Database Express Edition 11g Release 2

スポンサード リンク

Oracle XEのダウンロード

まずは、Oracle公式サイトからOracle XEをダウンロードする。

「Oracle Database Express Edition 11g Release 2 for Linux x64」とかいうやつ。

なお、Windows用は32bit版、Linux用は64bit版しかないので、注意。

Oracle XEのインストール

ダウンロードしたZIPファイル「oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm.zip」をCentOSへ配置する。

なお、今回はWinSCPを使用してSFTPで配置した。

WinSCPについてはこちらの記事参照⇒Linux(CentOS)へSSH接続するための設定

まずは、配置したZIPファイルを解凍する。

ZIPファイルの解凍コマンドは「unzip」。

インストールされていない場合は、インストールが必要。

ZIPファイルの解凍が完了したら、「Disk1」ディレクトリの中に「oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm」というRPMパッケージがあるので、インストールする。

なお、インストールの際に、「libaio」、「bc」とやらが必要みたい。

Oracle XEのデータベース構成

rmpファイルインストール後のメッセージで、「/etc/init.d/oracle-xe configure」というコマンドが表示される。

これを実行し、データベース構成を行う。

対話型コマンドで、ポート番号などを聞かれるがデフォルトにした。

…が、エラーとなった。

メッセージ表示されている通りに、「/u01/app/oracle/product/11.2.0/xe/config/log」にあるログファイルを見てみる。

すると、「cloneDBCreation.log」ファイルにリスナーアドレスが表示されており、どうもホスト名に自分のコンピュータ名が指定されているのだが、これが名前解決できていないよう。

自分のコンピュータ名を名前解決できるように、「/etc/hosts」ファイルを編集する。

自分自身を示す「127.0.0.1」を、自分自身のコンピュータ名と紐付ける。

気を取り直して、再度データベース構成を行う。

今度は正常終了した。

SQLPlusでOracle XEへ接続

Oracle XEに必要な環境変数は、下記の「oracle_env.sh」ファイルで設定することができるようになっているよう。

なので、下記のように実行する。

また、Oracle XEへ接続するユーザーの「~/.bashrc」ファイルか、全ユーザーで参照される「/etc/profile」ファイルあたりに同様のコマンドを記載しておけばOK。

SQLPlus」でOracle XEへ接続してみる。

無事にOracle XEに接続できた。

Oracle Application Expressへ接続

通常の「Standard Edition」とかの統合管理ツールは、「Oracle Enterprise Manager(OEM)」。

Oracle XEの場合、Oracle Databaseの統合管理ツールは「Oracle Application Express」というものみたい。

もちろんできることは、かなり少ないよう。

まずは、「iptables」でポートを開放する。

今回の場合、「Oracle XEのデータベース構成」で設定した8080番ポート。

設定方法は「SSH」のものをまねして、以下のように設定した。

これで無事に「http://CentOSのIPアドレス:8080/」へアクセスでき、ユーザー「system」で、Oracle Application Expressへログインできた。

画面はこんな感じです。

Oracle Application Express

以上で終了ー。

参考サイト

Scientific Linux 6.2にOracle XE 11g R2をインストールする – ser1zw’s blog

 - Linux, Linux(CentOS), Oracle , ,