俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

LAMP構築-Linux(CentOS)へPHPをソースコードからインストール

      2014/08/31

前回は、LAMP環境のWebサーバ「A」であるApache HTTP Server、DBサーバ「M」であるMySQLをLinux(CentOS)へインストールしました。

Apache HTTP Serverの記事はこちら⇒LAMP構築-Linux(CentOS)へRPMパッケージからMySQLをインストール

MySQLの記事はこちら⇒LAMP構築-Linux(CentOS)へApacheをソースコードからインストール

今回は前回に続き、LAMP環境の言語「P」である「PHP」をLinux(CentOS)へインストールします。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386
  • PHP 5.5.1
  • Apache HTTP Server 2.4.6

スポンサード リンク

PHPのダウンロード

PHP公式サイトよりPHPダウンロードミラーサイトのURLをコピーする。

今回の場合は、「tar.gz」形式を選択したので、「http://jp2.php.net/get/php-5.5.1.tar.gz/from/jp1.php.net/mirror」であった。

URLをコピーしたら、圧縮ファイルをダウンロードし、解凍する。

PHPのインストール

続いて、PHPをインストールする。

インストールに必要なもので「libxml2」がなくてエラーとなったので、インストールした。

なお、オプションはApacheとMySQLを使用するので、以下のオプションをつけた。

俺の環境では、「–with-mysql」オプションで、ヘッダーファイルなどのパス「/usr/include/mysql」を指定してもエラーとなったので、何も指定せずに実行した。

  • 「–with-apxs2」…Apache 2.0用。Apache apxsツールのパスを指定。
  • 「–with-mysql」…MySQLサポートを含める。MySQLベースディレクトリを指定。
  • 「–with-zlib」…ZLIBサポートを含める。
  • 「–enable-mbstring」…マルチバイト文字サポートを有効化。

気を取り直して、再度実行する。

何やら警告メッセージ「時刻のずれを検出. 不完全なビルド結果になるかもしれません.」が出たが、気にせずインストールを実行した。

インストールとテストはめちゃくちゃ時間かかったが、無事に終了した。

設定ファイルは、「/usr/local/lib/php/php.ini」のよう。

ソースのディレクトリ内には、開発用の「php.ini-development」、本番用の「php.ini-production」が用意されており、コピーし、編集して使用すればいいみたい。

なお、Apache HTTP Serverをインストールする前に「Perl」をインストールしていない場合、どうも「/usr/local/apache2/bin/apxs」の1行目のパスが正しくないようなので、修正してやる必要がある。

修正していない場合、以下のようなエラーになるので、修正してやる必要がある。

Apache HTTP Serverの設定

続いて、Apache HTTP ServerでPHPを使用するために、以下の設定を行う。

まずは、「http.conf」ファイルの編集を行う。

編集内容はこちら。

続いて、テスト用のソースを作成する。

手順は以下のように。

テスト用ソースはこちら。

PHPの情報を表示するだけのシンプルなもの。

最後にApache HTTP Serverの再起動を行う。

以上の設定で、「http://CentOSのIPアドレス/test.php」で、無事にPHPのバージョン情報が表示された。

表示内容はこんな感じです。

PHP画面

参考サイト

mysql を ビルドした際に 「時刻のずれを検出」 って出たけど、これ何?? – Rock’n’Hack ブログ

PHP: Apache 2.x (Unixシステム用) – Manual

FreeBSDにPHPをインストール – miyokawa Note

 - Apache HTTP Server, Linux, Linux(CentOS), PHP