俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Linux(CentOS)でPostgreSQLのユーザー、データベース作成

      2014/08/31

前回は、Linux(CentOS)にPostgreSQLをインストールしました。

前回の記事はこちら⇒Linux(CentOS)へRPMパッケージからPostgreSQLをインストール

今回は、前回に引き続き、PostgreSQLのユーザーとデータベース作成を行います。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386
  • PostgreSQL 9.2.4

スポンサード リンク

Linuxユーザーの作成

まずは、Linuxユーザーを作成する。

後ほど作成するPostgreSQLユーザーと同名にしておく。

同名じゃないと、psqlでログインできないのか?

そこんとこまだよく分からん。。

なお、今回作成したユーザー名は「kozuchi」です。

PostgreSQLユーザー、データベースの作成

続いて、PostgreSQLユーザーとデータベースを作成する。

なお、今回作成したユーザー名は「kozuchi」、データベース名は「test」です。

ユーザーとデータベースの作成は、PostgreSQLのスーパーユーザー「postgres」で行う。

このユーザーはPostgreSQLをインストールしたら、同時に作成されているはず。

ついでに、削除コマンドも参考に記載しておく。

createuserのオプションは次のよう。

  • -a…ユーザー作成権限付与(スーパーユーザー)
  • -d…データベース作成権限付与
  • -U…接続ユーザー指定
  • -P…パスワードプロンプトを表示

createdbのオプションは次のよう。

  • -O…所有ユーザー指定

psqlで接続

ユーザーとデータベースが作成できたので、「psql」コマンドで接続する。

また、psqlで使用できる基本的なコマンドは、以下のようなものがあるようです。

参考サイト

PostgreSQLのユーザ作成、データベース作成等の基本操作

PostgreSQLの環境設定

 - Linux, Linux(CentOS), PostgreSQL