俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Linux(CentOS)へRuby on Railsをインストール

      2014/08/31

前回はCentOSへRubyをインストールしました。

前回の記事はこちら⇒Linux(CentOS)へRubyをソースコードからインストール

続いて、「Ruby on Rails」をインストールします。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386
  • Ruby 2.0.0-p195
  • gem 2.0.3
  • Rails 3.2.13

スポンサード リンク

gemのアップデート

gem」のアップデートコマンドを叩くと早速つまづく。

どうやら「openssl」を、Rubyソースコードから別途インストールする必要があるよう。

また、「openssl-devel」とやらも必要みたい。

気を取り直して、再びgemのアップデート。

そうすると、今度は「zlib」とやらをRubyソースコードから別途インストールする必要があるみたい。

三度目の正直で、再びgemのアップデート!

正常終了!お疲れでした!

Railsのインストール

rdoc」はすでにインストール済み(Rubyインストールしたら入ってた)だったので、以下のコマンドでRailsをインストールする。

以上です。

参考サイト

require ‘twitter’のエラー(opensslがロードできない)と言われる – Ruby_log

CentOS5.7にRubyを入れる – shinyaの日記

 - Linux, Linux(CentOS), Ruby on Rails