俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Windows 10のHDDをSamsung SSD 850 EVOへ換装する手順

   

先日、余っていたWindows 10マシンを32bitから64bitへ移行しました。

Windows 10の32bit版から64bit版へ移行する手順

こちらは古い機種なので、スペックがあまり良くなくて動作が少し遅いところがありました。
そこで、動作速度が体感的に一番速くなるであろうHDDからSSDへの換装を行うことにします。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • Windows 10 Pro(64bit)

スポンサード リンク

用意したSamsung SSDとUSB-SATA変換ケーブル

今回用意したSSDはこちら。

TLCタイプのものだが、Amazonでも高評価で速度が速い。
また、移行ツールも提供されており、簡単にHDDからSSDに換装することができます。
移行ツールは、通常パッケージの場合はCDで、エコパッケージの場合はダウンロードで提供されています。

今回はノートPCのHDDを換装するが、こちらのUSB-SATA変換ケーブルも購入しました。

こちらは、2.5インチ・3.5インチのHDD・SSD共に対応しており、2つのHDD・SSDをPCなしで丸ごとコピーすることもできるのでかなり便利。

換装前にスペックの確認

まずは、システム情報はこちら。

Windows 10

そして、ディスクを換装するので、換装前後でどれぐらい変わるか見るためにCrystalDiskMarkでベンチマークを取得しておきます。

換装前の結果はこちら。遅い。。

SSD換装

そして、Windowsログイン画面が出るまでの起動時間は、20.11秒。

換装実施

Samsung Data Migration Softwareのインストール

では、換装していきます。

まずは、Samsung SSDの移行ツール「Samsung Data Migration Software」をインストールする。
ダウンロードする場合は、Samsung公式サイトよりダウンロードできる。
また、「Magician Software」というものも提供されているが、こちらはSSDの状態やベンチマークを取得することができるようだ。

USB-SATA変換ケーブルで接続

移行ツールがインストールできたら、USB-SATA変換ケーブルでSSDを接続する。

SSD換装

SSD換装

Samsung Data Migration Softwareでデータ移行

SSDを接続できたら、Samsung Data Migration Softwareを実行し、データ移行を行う。

今回は、HDD:160GB、SSD:128GBだが、移行するデータ容量がオーバーしていなければ特に問題ないようだ。
また、接続したSSDはドライブ割り当てやフォーマットはする必要はない。

まずは、「開始」ボタンで次へ。

SSD換装

現在のディスクと移行先のSSDが表示されるので、「開始」ボタンで次へ。

SSD換装

注意のメッセージが出るが、「はい」で次へ。

SSD換装

複製が始まったので、しばらく待機。

SSD換装

で、完了した。
160GB(うちデータ使用25GB)で約1時間30分かかった。

SSD換装

HDDとSSDを交換

ディスクの複製が完了したので、HDDとSSDを交換する。

SSD換装

交換したら起動。
何か問題発生するかと思ったが、すんなり起動した。
システム情報を見ても、ライセンス認証済みで問題なさそう。

SSD換装

では、最後にSSDのベンチマークを取得する。
結果はこちら。

SSD換装

HDDの時から大幅にスコアアップして、体感的にも動作が速くなった。
また、Windowsログイン画面が出るまでの起動時間は16.19秒で、4秒ほど速くなった。

おしまい。

 - Windows, ハードウェア