俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Ruby on Railsのdebuggerを使用してコマンドラインでデバッグ実行

      2014/08/31

Ruby on RailsはIDE(統合開発環境)を使用せずとも、コマンドラインでデバッグすることができる。

なお、今回の環境は以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • Ruby2.0.0-p0
  • gem2.0.3
  • Rails3.2.13
  • debugger1.6.0

スポンサード リンク

まずは、以下のようにGemfileの「debugger」がコメントアウトされているので、これを外す。

Gemfileの編集後は、「bundle install」を行っておく。

続いて、ソース内のデバッグしたい箇所に「debugger」を記載する。

その後、「rails s –debug」といったように、デバッグオプションを付けてRailsを起動する。

そうすると、画面からアクセスしたときに「debugger」が書かれたところでコマンドプロンプトが停止し、コマンドでデバッグが可能になる。

デバッグコマンドは以下のようなものがあるようです。

  • h[elp]…デバッグコマンドを表示
  • s[tep]…ステップイン実行
  • n[ext]…ステップアウト実行
  • c[ontinue]…次のブレークポイントまで実行
  • l[ist]…周辺のソース表示
  • p 変数名…変数の値を表示
  • v[ar] cl[ass]…クラス変数を一覧表示
  • v[ar] l[ocal]…ローカル変数を一覧表示
  • v[ar] instance…インスタンス変数を一覧表示
  • info v[ar]…ローカル変数とインスタンス変数

参考サイト

ruby-debugを使ったRuby・Railsアプリケーションのデバッグ方法

いまさら聞けないRailsでデバッグする便利な方法(Ruby1.9.x対応版) – Back yard : yuya_lush’s report

 - Ruby on Rails