俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

EclipseのJava(Seasar2)-SAStruts、S2JDBC開発環境構築手順

      2014/08/31

Java(Seasar2)の「SAStruts」は、「Super Agile Struts」の略で、Javaの使い古されたWebアプリケーションフレームワーク「Struts」の拡張版みたいなもので、いろいろ便利になったやつ。

Java(Seasar2)の「S2JDBC」は、DBのアクセスとJavaオブジェクトの変換を行うO/Rマッピングのフレームワーク。

統合開発環境「Eclipse」を使った、それらの開発環境構築手順です。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • Eclipse 4.2 Juno
  • JDK 7u15
  • Apache Tomcat 7.0.35

EclipseはPleiades All in Oneパッケージを使用しています。

詳細はこちらの記事参照⇒EclipseのJava開発環境構築手順(Pleiades All in Oneパッケージ)

スポンサード リンク

SAStrutsの本体とチュートリアルのダウンロード

Seasar2公式サイトより、SAStrutsの本体とチュートリアルをダウンロードする。

ダウンロードしたのは以下の2つ。

  • 「sa-struts-1.0.4-sp9.zip」
  • 「sa-struts-tutorial-1.0.4-sp9.zip」

Seasar2(SAStruts、S2JDBC)に必要なプラグインのインストール

必要なプラグインは、以下の5つ。

  • 「Tomcat Launcher」
  • 「Dolteng」
  • 「SAStrutsPlugin」
  • 「ResourceSynchronizer」
  • 「PropertiesEditor」

なお、「Tomcat Launcher」は、Pleiades All in Oneパッケージの場合、すでに入っているので省略。

Eclipseを起動し、メニューバーの「ヘルプ」⇒「新規ソフトウェアのインストール」を開く。

「作業対象」に「http://propedit.sourceforge.jp/eclipse/updates/」を入力し、「追加」ボタンを押下する。

一覧が表示されるので、「プロパティーエディター」にチェックし、「次へ」ボタンで進み、インストールする。

「作業対象」に「http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/」を入力し、「追加」ボタンを押下する。

一覧が表示されるので、「Dolteng」、「SAStrutsPlugin」、「ResourceSynchronizer」、にチェックし、「次へ」ボタンで進み、インストールする。

プラグインのインストール後は、Eclipseの再起動を促されるので、再起動する。

SAStrutsのチュートリアルプロジェクトをインポート

SAStrutsのチュートリアルプロジェクトをインポートし、どんなもんか動かしてみる。

メニューバーの「ファイル」⇒「インポート」を開く。

「一般」⇒「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択し、「次へ」ボタンを押下する。

以下を入力し、「完了」ボタンを押下し、インポートする。

  • 「ルートディレクトリの選択」…展開したチュートリアルのフォルダを選択
  • 一覧に表示された「プロジェクト」…チェックオン
  • 「プロジェクトをワークスペースにコピー」…チェックオン

「ナビゲーター」、「プロジェクトエクスプローラー」、「パッケージエクスプローラー」上のインポートしたプロジェクトを右クリック⇒「Tomcatプロジェクト」⇒「コンテキスト定義を更新」を行う。

Tomcatプラグインの「Tomcat起動」メニューで、Tomcatを起動させる。

コンソールに以下のように表示されたらOK。

ブラウザより「http://localhost:8080/sa-struts-tutorial/」へアクセスしてみると、こんな感じの画面が開く。

SAStrutsチュートリアル

DoltengプラグインでSeasar2(SAStruts、S2JDBC)プロジェクト作成

「ファイル」⇒「新規」⇒「その他」を開く。

「Dolteng」⇒「Doltengプロジェクト」を選択する。

以下を入力し、「次へ」ボタンで「プロジェクト・レイアウト」を表示し、「完了」ボタンでプロジェクトを作成する。

  • プロジェクト名…任意のプロジェクト名
  • デフォルト・ロケーションを使用…チェックオン
  • 基本設定 ルート・パッケージ名…任意のパッケージ名
  • 基本設定 アプリケーション・タイプ…「Webアプリケーション」
  • JREコンテナー…「デフォルトJREの使用」
  • プロジェクト・ファセット設定 表示…「SAStruts」
  • プロジェクト・ファセット設定 永続化…「S2JDBC」
  • プロジェクト・ファセット設定 永続化…「Sysdeo Tomcatプラグイン」

「ナビゲーター」、「プロジェクトエクスプローラー」、「パッケージエクスプローラー」上の作成したプロジェクトを右クリック⇒「Tomcatプロジェクト」⇒「コンテキスト定義を更新」を行う。

Tomcatプラグインの「Tomcat起動」メニューで、Tomcatを起動させる。

ブラウザより「http://localhost:8080/プロジェクト名/」へアクセスし、「Hello World!」が表示されればOK。

参考サイト

Super Agile Struts – Setup

Super Agile Struts – File Reference

Seasar – DI Container with AOP –

 - Java, Java(Seasar2) , ,