俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

SQL ServerでIDENTITYの現在値を確認・変更する方法

      2015/01/01

SQL Serverのテーブルカラムに「IDENTITY」というものを指定しておけば、データ挿入された時に自動連番で設定してくれるので非常に便利である。

これはシステムで自動連番となるので、IDやNoなどの主キーとなるカラムに設定することが多い。

今回はその「IDENTITY」について、現在の値を確認・変更する方法を紹介します。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • SQLServer Standard 2008 R2

スポンサード リンク

現在値の確認

まずは、現在値の確認方法。

IDENTITYの現在値を確認する場合は、以下のSQL文で確認できる。

現在値の変更

続いて、現在値の変更方法。

IDENTITYの現在値を変更する場合は、以下のSQL文を実行すると変更できる。

テストの際など、自動連番を元の値に戻したい場合に使用する。

以上。

参考サイト

SQL Server IDENTITYで自動的に挿入されたID値を取得する方法 | 忘れないようにメモを

 - SQL Server