俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

WindowsのFORFILESコマンドで最終更新日から一定期間経過したファイルの削除方法

      2015/12/21

ログファイルやバックアップファイルなど、日付順にどんどん溜まっていくファイルを何日分か残して削除する場合、WindowsではVBScriptなどで簡単なプログラムを組むしかないと思っていました。

が、Windowsの「FORFILES」コマンドを使用すれば、作成後に一定期間経過したファイルを削除できるようです。

なので、やってみました。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(64bit)

スポンサード リンク

FORFILESコマンドのヘルプ

FORFILESコマンドのヘルプを見てみると、以下のような感じです。

ありがたいことに、例まで載ってます。

FORFILESコマンドの使い方

「/D」オプションがポイントで、日付を指定すれば最終更新日と比べて判定することができ、日付ではなく日数を指定すれば最終更新日からの日数で判定することができます。

また、「/C」オプションで、対象のファイルに実行するコマンドを指定でき、「/C “cmd /c del @file”」とすると、条件に合った対象のファイルを削除できます。

「echo」をつけて「/C “cmd /c echo del @file”」とすると、削除対象のファイルが表示されるので、削除前には一度こちらで確認した方が良いと思います。

実際の使い方は、こちら。

以上です。

 - Windows