俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Windows 10でオーバーレイアイコンの優先順位を変更して表示させる方法

   

Windowsのオーバーレイアイコンの上限は15個。

だが、Dropboxなどのオンラインストレージアプリケーション、TortoiseGitなどのバージョン管理システムをいろいろ入れていると、到底15個には収まらない。

自分の場合は、Dropbox、Googleドライブ、OneDrive、TortoiseGitをインストールして使用しているので、インストールした順序によってはオーバーレイアイコンが表示されていないものがあった。

そこで、オーバーレイアイコンの優先順位を変更して表示されるようにしてみた。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • Windows 10 Pro(64bit)

スポンサード リンク

オーバーレイアイコンの優先順位変更

オーバーレイアイコンはレジストリに登録されているので、「Windowsキー+R」でファイル名を指定して実行を開き、「regedit」と入力してレジストリエディタを開く。

オーバーレイアイコンは以下の2箇所で、2つ目は64bitのみらしい。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ShellIconOverlayIdentifiers
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\ShellIconOverlayIdentifiers

その箇所を開くと、キー(フォルダのアイコンで表示されている)が並んでおり、上から優先的にオーバーレイアイコンが表示されるようになっている。

「EnhancedStorageShell」「Offline Files」の2つはWindowsで使用されているものなので消さないようにする。

で、順序を入れ替えるのは、キー名の先頭に半角スペースを入れるのが最も簡単かと思う。

もちろんそれが不要なアプリケーションであれば、アンインストールした方が良いが。

ということで、半角スペースを入れて以下のような順序にした。

オーバーレイアイコンが消えては一番困るTortoiseGitを最優先にし、その他クラウドストレージ系アプリケーションは使用頻度の順にした。(といっても15個より後は表示されないが。)

OneDriveの通知メッセージを消す

最後に、OneDriveのオーバーレイアイコンが優先ではなくて表示されていない場合、「同期アイコンのインストールを完了しました」との通知が出てきてしまう。

Windows 10 オーバーレイアイコン優先順位変更

誤ってそれをクリックしてしまうと、オーバーレイアイコンの優先順位が勝手に変わってOneDriveが最優先になってしまう。

そのため、OneDriveの通知をオフにしておく。

「設定」⇒「システム」⇒「通知とアクション」を開き、OneDriveの通知を「オフ」に設定する。

Windows 10 オーバーレイアイコン優先順位変更

以上。

 - Windows