俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

WindowsのRuby on Rails開発環境構築手順

      2016/01/25

WindowsでのRuby on Railsの環境構築手順です。

基本的にこちらのRubyLifeにあるRailsインストール手順に従って行いました。

ほんとに分かりやすいです。

さて、今回の環境は以下のとおりです。

  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • Ruby2.0.0-p0
  • gem2.0.3
  • Rails3.2.13

スポンサード リンク

Rubyのインストール

Ruby公式サイトよりインストーラをダウンロード。

「One-Click Ruby Installer for Windows」ってやつです。

インストール場所はデフォルトのC直下「C:\Ruby200」にする。

「C:\Program Files」以下にしてしまうと、のちのちRailsプロジェクト作成時にどうも間の空白が解釈できなくて、こんなエラー「No such file or directory」になってしまうので注意。

gemのアップデート

以下のコマンドでgemをアップデートする。

1行目のように、環境変数「LANG」を「UTF-8」に設定しないと、こんなエラー「ArgumentError」になるので注意。

2行目は、会社などでプロキシサーバがある場合は、設定する。

設定しないとこんなエラー「SocketError」になる。

rdocのインストール

以下のコマンドでrdocをインストールする。

railsのインストール

以下のコマンドでrailsをインストールする。

gemで確認

以下のコマンドでrdoc、railsがインストールされたことを確認する。

DEVELOPMENT KITのインストール

Ruby公式サイトよりDEVELOPMENT KIT(DevKit)をダウンロード。

実行ファイルを実行し、「C:\RubyDevKit」などに解凍する。

DEVELOPMENT KITの初期化

以下のコマンドを実行する。

以上で終了です。

疲れたー。

参考サイト

RubyとRailsの学習ならRubyLife

Windows環境でinvalid byte sequence in Windows-31Jになる場合(Ruby 1.9.2)ユニキャストラボ | ユニキャストラボ

 - Ruby on Rails