俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

WinSCPのPuTTY Key GeneratorでOpenSSHの鍵を生成する方法

      2015/03/07

Windowsの場合、Linuxなどと違い、標準で「ssh-keygen」コマンドなどはない。

なので、鍵を生成したい場合は、Linuxで生成したものを転送するか、その他ソフトを使用する必要がある。

今回は、「WinSCP」同梱の「PuTTY Key Generator」でOpenSSH秘密鍵・公開鍵を生成する方法です。

なお、「WinSCP」とはFTPや、SFTPを行うWindowsのクライアントソフトです。

ダウンロードはこちらから。

スポンサード リンク

OpenSSH秘密鍵・公開鍵の生成

スタート⇒「WinSCP」⇒「鍵関連ツール」⇒「PuTTYgen」で「PuTTY Key Generator」を起動する。

下部の「Parameters」で生成する鍵のアルゴリズム設定する。

なお、今回は以下のようにした。

  • 暗号化アルゴリズム…「SSH-2 RSA」
  • bit数…「1024」

真ん中の「Actions」⇒「Generate」ボタンを押下し、上部の「Key」エリアでマウスを動かしまくる。

そうすると、鍵の生成が完了するので、「Key」で下記を入力する。

  • Key comment…任意のコメント
  • Key passphrase…任意のパスワード
  • Confirm passphrase…任意のパスワード確認

「Actions」の「Save public key」を押下し、任意の名前を入力し、公開鍵を保存する。

メニューの「Conversions」⇒「Export OpenSSH Key」を押下し、任意の名前を入力し、秘密鍵を保存する。

なお、「Actions」の「Save private key」を押下すると、「PuTTY Private Key File(PPK)」というファイルを保存でき、入力した情報などを再度ロードすることができる。

デフォルトの保存先は「C:\Users\ユーザ名\.ssh」で、今回は秘密鍵の名称は「id_rsa」で、公開鍵の名称は「id_rsa.pub」で保存した。

これで、公開鍵をサーバなどに置き、暗号化されたデータを自分のローカルの秘密鍵で復号するといった公開鍵暗号方式が利用できる。

 - Windows, フリーソフト , ,