俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

WordPressのサーバ移行-WordPressのインストール

      2015/05/22

前回の続きです。

前回の記事はこちら⇒WordPressのサーバ移行手順-サーバの選定、ドメインの決定

WordPressのインストールについては、別ブログの記事「WordPress開発環境構築手順(初級編)-WordPressのインストール | WPlogs」でも詳しく解説しています。

スポンサード リンク

さくらのレンタルサーバにMySQLデータベースを作成

まずは、WordPress用のデータベースを作成する。

さくらのレンタルサーバで「サーバコントロールパネル」にログインする。

ちなみに、「サーバコントロールパネル」へのリンクは、「さくらインターネット 会員メニュー」へログイン⇒「契約情報」⇒「契約サービスの確認」⇒「サーバ設定」にもあるので。

「サーバコントロールパネル」へログインしたら、「アプリケーションの設定」⇒「データベースの設定」を開く。

「データベースの新規作成」を開き、以下を入力し、データベースを作成する。

  • 「データベース バージョン」…「MySQL 5.5」
  • 「データベース名」…アカウント名_任意の名前
  • 「データベース ユーザ名(初期アカウント名)」…アカウント名(設定済み、変更不可)
  • 「接続用パスワード」…パスワード(変更可)
  • 「データベース 文字コード」…「UTF-8」

作成されたデータベースの「データベース サーバ」を控えておく。

さくらのレンタルサーバにドメインを作成

「サーバコントロールパネル」へログインし、「ドメイン設定」⇒「ドメイン設定」を開く。

「新しいドメインの追加」を開き、今回の場合は独自ドメインなので、「5. 他社で取得したドメインを移管せずに使う…」を開き、ドメイン名を入力し、ドメインを設定する。

なお、今回は他社である「お名前.com」で取得した独自ドメインなので、お名前.comのドメイン設定で、以下のネームサーバ(DNSサーバ)を設定する必要があるみたいだ。

  • 「プライマリネームサーバ」…「ns1.dns.ne.jp」
  • 「セカンダリネームサーバ」…「ns2.dns.ne.jp」

さくらのレンタルサーバにWordPressをインストール

さくらのレンタルサーバでは、WordPressのクイックインストール機能がある。

「サーバコントロールパネル」へログインし、「運用に便利なツール」⇒「クイックインストール」を開く。

「カテゴリメニュー」⇒「ブログ」⇒「WordPress」を開き、以下を入力し、WordPressをインストールすることが出来る。

  • 「ライセンス、インストール規約への同意確認」…チェックオン
  • 「インストール先」…「http://作成したドメインを選択/任意のフォルダ」
  • 「データベース」…作成したデータベースを選択
  • 「データベースパスワード」…任意の値
  • 「テーブル接頭辞」…任意の値(初期表示あり「wpXXXXXX」)

しかし、これだとサブドメインをフォルダで分けたのに、さらにWordPressをインストールするフォルダで分かれるのはイマイチかなと思い、クイックインストールではなく自分でインストールすることにしました。

まずは、「TeraTerm」でサーバへSSH接続し、ログインする。

サーバ情報については、「サーバ情報とパスワード」⇒「サーバ情報の表示」⇒「サーバに関する情報」を開くと、IPアドレスなどは分かる。

公開用ディレクトリへ移動し、以下のコマンドでWordPressをダウンロードし、アーカイブを展開し、配置する。

あとは、WordPressを配置したドメインへブラウザよりアクセスすれば、画面上からWordPressをインストールできる。

まず、「wp-config.phpファイル」が存在しない場合、「wp-config.phpファイルが見つかりません。開始する前にこのファイルが必要です。」というメッセージが表示されるので、「設定ファイルを作成する」へ。

WordPressインストール1

次の画面へ。

WordPressインストール2

以下を入力し、次の画面へ。

  • 「データベース名」…作成したデータベース
  • 「ユーザ名」…データベースユーザ名
  • 「パスワード」…データベースパスワード
  • 「データベースのホスト名」…データベースサーバ
  • 「テーブル接頭辞」…任意の値(初期表示あり「wp_」)

なお、ここでの設定は「wp-config.php」ファイルに反映される。

WordPressインストール3

インストールを実行する。

WordPressインストール4

以下の必要情報を入力し、次の画面へ。

  • 「サイトのタイトル」…任意のタイトル
  • 「ユーザー名」…任意のユーザ名
  • 「パスワード」…任意のパスワード
  • 「メールアドレス」…任意のメールアドレス
  • 「プライバシー」(検索エンジンによるインデックスの許可)…チェックオン

なお、ここで設定した内容は、後ほどWordPressにログインすれば変更出来るので。

WordPressインストール5

ということで、WordPressのインストールが完了した。

あっという間だ。

WordPressインストール6

以上。

 - WordPress , , ,