俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Tera TermとWinSCPでサーバーとの接続が切断されないようにするKeep-Alive設定

      2018/08/20

Tera TermとWinSCPでSSH(SFTP)接続していると、少し時間を置いたらすぐにサーバーとの接続がブチブチ切れて再接続となってしまう場合、接続の保持(Keep-Alive)設定を行えばいい。

ということで、その手順です。

ちなみに、ここで紹介する設定でエックスサーバーにSSH(SFTP)接続して使用しているが、切断されたりせず快適に使えています。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • Windows 10 Pro(64bit)
  • Tera Term Version 4.99
  • WinSCP Version 5.13.3

スポンサード リンク

Tera Termの設定

まずはTera Termからだが、こちらはデフォルトですでに設定されている。

Tera Termを起動し、「設定」⇒「SSH」を開く。

「ハートビート(keep-alive)」がその設定で、デフォルトで「60秒」となっている。

Tera Term、WinSCP

それでも切断されるなら、秒数をもう少し短くすれば改善されるかも…。

WinSCPの設定

こちらは、WinSCP起動時に開く接続先一覧⇒該当するサイトを選択⇒「設定」を開く。

「接続」のメニューを開き、そこにある「接続の保持」がその設定で、デフォルトは「オフ」となっているため、よく切断されていた。

こちらを「ダミーコマンドを送信する」(「nullパケットを送信する」でも問題なかった)にして、送信間隔はそのまま「30秒」でいいだろう。

Tera Term、WinSCP

ということで、切断されずに快適になった。

以上。

 - Windows