俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

EclipseでJBoss Application Serverの環境構築手順

      2014/08/31

Java EEアプリケーションサーバといえば、開発用で使用するなら「Tomcat」。

本番用なら、今のところ「WebLogic」は見たことがある。

調べてみると、以下のようにたくさんある。

  • 「Tomcat」…オープンソースソフトウェア
  • 「JBoss」…オープンソースソフトウェア
  • 「WebLogic」…Oracle社の製品
  • 「WebSphere」…IBM社の製品

今回はその中で「JBoss」をちょいと触ってみようかと思うわけです。

なお、今回の環境は以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • Eclipse 4.2 Juno
  • JDK 7u15
  • JBoss Application Server 6.1.0
  • JBoss Tools 4.0

スポンサード リンク

また、Eclipseの開発環境構築手順は下記の記事を参照してください。

JBoss Application Serverのダウンロード

JBossの公式サイトへアクセスし、ダウンロードより「JBoss Application Server」をダウンロードする。

バージョンが「6.1.0 Final」、説明が「EAP built from AS 7.2」というやつで、ZIPファイルは「jboss-eap-6.1.0.zip」だった。

なお、ダウンロードするには「JBoss Community」のアカウント作成が必要なよう。

アカウント作成後、プロフィールなどの登録を完了しないとダウンロードできないみたいなので注意。

ダウンロードしたら任意の場所に解凍する。

なお、今回は「C:\Tools\Pleiades\jboss\jboss-eap-6.1」にした。

JBoss Toolsのインストール

EclipseでJBossを使用するためには、「JBoss Tools」というやつが必要なよう。

JBossの公式サイトJBoss Toolsのインストール手順に書かれているとおりのURLを使用し、Eclipseのソフトウェア更新よりインストールする。

なお、JBoss ToolsのバージョンとURLは、Eclipseのバージョンによって違うので注意。

Eclipseを起動し、メニューバーの「ヘルプ」⇒「新規ソフトウェアのインストール」で「インストール」を開く。

作業対象にJBoss ToolsのURL(今回の場合は、「http://download.jboss.org/jbosstools/updates/stable/juno/」)を入力し、「追加」を押下する。

一覧表示された一番上の「Abridged JBoss Tools 4.0」にチェックをし、インストールする。

インストール後はEclipseの再起動が促されるので、再起動を行う。

JBoss Application Serverの起動

無事にJBoss Toolsがインストールできたので、EclipseからJBoss Application Serverを起動する。

メニューバーの「ウィンドウ」⇒「ビューの表示」⇒「サーバー」で「サーバービュー」を表示する。

「サーバービュー」上で右クリックし、「新規」⇒「サーバー」で「新規サーバー」を開く。

前項の「JBoss Toolsのインストール」で正常にインストールが完了していれば、一覧に「JBoss エンタープライズ・ミドルウェア」、「JBossコミュニティー」の2つが表示されており、その中にそれぞれのバージョンのJBossがいるはずだ。

上記2つの違いはいまいち分からんけど、とりあえず今は気にしない。

「JBoss エンタープライズ・ミドルウェア」⇒「JBoss エンタープライズ・プラットフォーム 6.0」を選択し、「次へ」を押下する。

以下を設定し、「完了」を押下する。

  • 「名前」…任意の名前
  • 「ホーム・ディレクトリ」…JBoss Application Serverの配置場所(今回の場合、「C:\Tools\Pleiades\jboss\jboss-eap-6.1」)
  • 「JRE」…インストール済みのJDK(今回の場合、「java7」)
  • 「構成ファイル」…「standalone.xml」(デフォルトのまま)

サーバーが追加されたので、「サーバーを始動」の再生ボタンを押下し、起動する。

「コンソールビュー」を見てると無事に起動できたよう。

ブラウザより「http://localhost:8080」でアクセスできました。

画面はこんな感じです。

JBoss Application Server画面

参考サイト

忘れる前にメモ Eclipse JBoss 開発環境構築メモ

 - Eclipse, JBoss