俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

IEの脆弱性に対する更新プログラムをWindows Updateでインストール

      2014/08/31

先日、2014年4月26日(米国時刻)にマイクロソフト社が、Windows標準ブラウザの「IE(Internet Explorer)」に深刻な脆弱性が発見されたと発表し、大騒ぎになりましたね。

PCに強くない人で、そもそもIEって何?って人もいましたが。

この脆弱性は、IEのバージョン6~11の全てに対してであり、マイクロソフト社はIE以外のブラウザを使用するように警告していました。

そして、2014年5月1日(米国時刻)に、この脆弱性に対する修正パッチ(セキュリティ更新プログラム)がマイクロソフト社より公開されました。

自動更新に設定していない場合や、まだインストールしていない場合は、以下の手順でインストールしましょう。

なお、俺のPCのバージョンは以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • Internet Explorer 11

スポンサード リンク

Windows Updateでセキュリティ更新プログラムをインストール

「スタート」⇒「コントロールパネル」⇒「Windows Update」を開く。

重要な更新プログラムで、「Windows 7用 Internet Explorer 11のセキュリティ更新プログラム(KB2964358)」とかいうものを選択し、インストールする。

Windows Update

インストール後は、再起動が必要。

今回は特例で、2014年4月9日(日本時間)にサポート終了となったWindows XPへも更新プログラムが配布されました。

今回のような事態がまた発生しないという保証もないので、Windows XPをまだ使用し続けているユーザーや企業は、早急に新バージョン(Windows 7、8等)へ乗り換えを検討すべきですね。

参考サイト

XP狙いの攻撃を米国で観測:IEの脆弱性を修正する緊急アップデート公開、XPにも「特例」で提供 – @IT

 - Windows