俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Linux(CentOS)へGitをインストール、共有リポジトリへpushする

      2014/08/31

Linux(CentOS)に「Git」をインストールし、「共有リポジトリ」を作成する。

そして、WindowsのローカルリポジトリからVMwareのCentOSの共有リポジトリへ「push」する。

pushするリポジトリはオープンソースオンライン家計簿の小槌。

小槌の詳細はこちらの記事参照⇒Ruby on Railsのオープンソース家計簿「小槌」のPostgreSQL対応

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386

スポンサード リンク

Gitのインストール

下記コマンドで「Git」をインストールする。

bareリポジトリの作成

下記コマンドでディレクトリを作成し、「bareリポジトリ」を作成する。

bareリポジトリ」とは空っぽのといった感じらしく、サーバーで共有リポジトリとかにする場合、これにするらしい。

ディレクトリは、rootユーザーで作成後、ユーザー「hide」、グループ「hide」に所有者・グループ変更した。

なお、リポジトリ作成後もbareリポジトリに変更することもできるよう。

WindowsのローカルリポジトリからVMwareのCentOSのbareリポジトリへpush

Windows上のリポジトリへ移動し、以下のコマンドでCentOSのbareリポジトリへpushする。

コマンドは「git push ユーザー名@ホスト名(もしくはIPアドレス):リポジトリのパス master」。

実際のコマンドは以下です。

なお、2で「bareリポジトリ」にしていないと以下のようなエラーになる。

以上で終了ー。

参考サイト

git – 簡単ガイド

gitエラー「refusing to update checked out branch」の回避法 – karasuyamatenguの日記

 - Git, Linux, Linux(CentOS)