俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

Linux(CentOS)のMySQLへ外部接続する

      2014/08/31

Linux(CentOS)のMySQLクライアントツールはコマンドライン操作になるため、MySQLへ外部接続できるように設定し、使いやすいツールを使用して運用する方が良い。

そのMySQLへ外部接続する設定方法について。

なお、今回のバージョンは以下です。

  • CentOS-6.4-i386
  • MySQL Community Server 5.6.13

スポンサード リンク

ちなみに、MySQLのインストールはこちらの記事参照⇒LAMP構築-Linux(CentOS)へRPMパッケージからMySQLをインストール

現在の設定の確認

まずは、現在の設定を確認する。

ユーザー一覧を表示してみると、どうやらMySQLは設定ファイルで設定を行わず、権限を付与する形で設定を行うようだ。

外部ホストからの権限を付与

続いて、「GRANT」文で権限を付与する。

「wordpress.*」の部分で、権限を適用するレベルを指定している。

今回の場合は、データベース「wordpress」の全てのオブジェクトに対して権限を適用している。

「wpuser@”192.168.11.%”」の部分で、権限を適用するユーザー・接続元を指定している。

今回の場合は、ユーザー「wpuser」で、接続元はワイルドカードを使用し、「192.168.11.%」からに対して権限を適用している。

iptablesで3306番ポートを開放

最後に、iptablesで「3306」を開放してやる。

クライアントからMySQLへ接続

これまでの設定で、以下のコマンドで無事にクライアントからMySQLへ接続できました。

参考サイト

MySQLに外部ホストから接続できるように設定する | Linuxで自宅サーバ構築

MySQL/ユーザとDB作成 – MinacoWiki

権限の設定(GRANT文) – ユーザーの作成 – MySQLの使い方

 - Linux, Linux(CentOS), MySQL