俺の開発研究所

Ruby on Rails、Linux、Windowsを中心にIT技術系の備忘録とか。よく忘れるので。

*

VMware PlayerでCentOS(Linux) 32bit版をインストールする手順

      2014/08/31

Linuxをパソコンにインストールする場合、サーバーとして使用するなら、それ専用の端末を用意する必要がある。

でも、ちょっと試したいとかいう場合、いちいち別のパソコンなど用意してられない。

そんなときは仮想化ソフトを使用すれば、WindowsなどのOS上にLinuxなどの別OSを動作させることができる。

仮想化ソフトはいろいろあるが、その中でも代表的な「VMware」のフリー版「VMware Player」を使用して「CentOS」をインストールしてみる。

なお、今回の環境は以下です。

  • Windows 7 Professional SP1(32bit)
  • VMware Player 5.0.2
  • CentOS-6.4-i386

スポンサード リンク

VMware Playerのインストール

VMware公式サイトへアクセスし、ダウンロードより、VMware Playerを探し、ダウンロードする。

なお、今回の場合はWindowsなので「VMware Player for Windows 32-bit and 64-bit」を選択しました。

ダウンロードしたら、EXEファイルを実行し、インストールする。

CentOSのダウンロード

CentOS公式サイトへアクセスし、ダウンロードより、ミラーサイト一覧から「Versions」が「All」のお好きなサイトを選択し、「HTTP」をクリックし、アクセスする。

なお、今回は「Central Michigan University」にしました。

そこから、「6.4」⇒「isos」⇒「i386」と階層を下がり、「CentOS-6.4-i386-netinstall.iso」をクリックし、ダウンロードする。

「Live○○」ってやつは、Live CDなるもので、ハードディスクにインストールすることなしに、OSを使用することができるらしい。

「DVD○○」ってやつは、本体みたいね。

DVD版はサイズが大きいので、インストール時にネットワーク経由でインストールできるnetinstall版にしました。

なお、インストール時に必要なので、同様のサイトで、「6.4」⇒「os」⇒「i386」の階層へ行き、URLをコピーしておく。

今回の場合は、「http://mirrors.cmich.edu/centos/6.4/os/i386/」。

VMwareの仮想マシンの作成

VMware Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成」をクリックし、「新しい仮想マシン ウィザード」を開く。

以下を設定し、新規仮想マシンを作成する。

  • 「インストール元」…「インストーラ ディスク イメージ ファイル(iso)」を選択し、ダウンロードしたCentOSのisoファイルを指定
  • 「ゲストOS」…「Linux」
  • 「バージョン」…「CentOS」
  • 「仮想マシン名」…任意の名前
  • 「場所」…任意の場所
  • 「ディスク最大サイズ」…10GB(今回はお試しなので、これぐらいでいいかなと)
  • 「仮想ディスクを複数のファイルに分割」にチェック

CentOSのインストール

VMwareの仮想マシンが作成できたら、「仮想マシンの再生」をクリックし、起動する。

そうすると、CentOSのインストール画面が立ち上がる。

一番上の「Install or upgrade an existing system」を選択すると、インストールが始まる。

インストール時の注意点は以下の2点。

その他は任意のものを選択し、順に進めていけばOKかな。

netinstall版の場合、「Disc Found画面」で「OK」を選択し、するとメディアのチェックを行い、「Error画面」になってしまうので、「Skip」を選択する必要があるみたい。

CentOSインストール画面1

CentOSインストール画面2

「Installation Method画面」では、一番下の「URL」を選択し、「URL Setup画面」で先ほどコピーしたURLを入力する。

CentOSインストール画面3

CentOSインストール画面4

ということで、完成!

Windows 7上でCentOSが動いてます。

今回は最小構成(minimal)を選択したので、デスクトップなどのGUIは入れてません。

CentOS画面

ちなみに、VMwareをクリックすると、仮想マシン(CentOS)の操作状態となり、元のOS(Windows)に操作を戻す場合は、「Ctrl+Alt」で戻る。

参考サイト

CentOSをネットワークインストールする時に指定するURL – id:rx7(@namikawa)の技術メモ – 技術日記

 - Linux, Linux(CentOS), VMware